FC2ブログ

FORTE Basket Ball Club

千葉県成田市で活動している女子ミニバスチームです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

指導方針

Ⅰ.試合で勝つ楽しさを覚える

【成功する為の積極的な思考の習慣】
バスケットは誰にでも出来るスポーツです。“バスケットが出来る・遊べる”楽しさは学校でも学ぶ事はできますが、経験者が集まる市内・印旛郡・千葉県の大会になってくると、この楽しさだけでは通用しません。他のチームも“勝ち”にこだわっているので、私共も“勝ち+上位進出”を目指します。
その為には《最大の目標⇒(その為には)練習⇒(なぜ、きつい練習をするのか?)⇒(その為には)今、何をするべきかを考え・聞く》と常に選手個人が逆算して考えられる様にしていかなければなりません。しかし、これは(その代にもよりますが)低学年や入部間もない選手に対していきなりは求めません。当初は、バスケットの楽しさ・友達・仲間意識・継続的練習による体力及び健康増進などを感じていき、学年が上がって行くのに伴いそれを理解していけるようにと考えております。
下級生の選手には“習うより慣れろ”精神で指導してまいります。

【挨拶・声を出す事の大切さを学ぶ】
様々な環境においても自分の意思表示をする事は、今後、子供達の学校・社会生活において誰もが逃れる事のできない大切な事です。私は自分が好きな事だけをやって欲しいとは思いません。各ご家庭の支えがあってこそ、この場に子供達がスポーツを出来る環境があります。また、人との出会いの場だと思っています。常に《感謝の心・人を大切にする心》を思うだけでなく、相手に伝わる様に、今から今後の為に少しずつ学んで欲しいと考えています。しかし、これはバスケットに来た時だけでは意味がありません。ご家庭でも子供達を見守りながら、時にはご指導いただきたいと思います。

Ⅱ.メンタル・ハード・トレーニング

【成功する為の積極的な思考の習慣】

《最大の敵は自分である》
自分自身を制してこそ、対戦相手に立向かう事が出来る。自分をコントロール出来れば、対戦相手や周囲の状況・環境との闘いはさほど苦しくない。邪心を捨て、自分・チームでベストを尽くす事に専念出来た時ほど結果が良いのはその為である。

《自分との闘いに専念できたかどうかをチェックする》
①力を120%発揮し、ベストを尽くしたか?
 (100%は当り前で、誰でも出来る。そこから更にそれ以上の努力をし、力を出せたかどうか?)
②勇気を意識し、積極的な態度で練習をしたか?
 (自分、仲間、コーチを信じて集中して練習をしたか?)
③日々、自分が行った事の責任は自分が取り、人のせいにはしなかったか?
 (なあなあではなく、自信を持って何事にも取り組めたか?)
以上の問いに自信を持ってイエスと答えられれば自分との闘いに買ったと言える。これがメンタルトレーニングの基本である。自分との闘いは厳しいが、それは究極の集中力への挑戦者心理である。(生まれ持った才能ではない)
メンタル・ハード・トレーニングは意識的に自分を制し、集中し、高いレベルでの競技プレイを持続できる強い精神力を育む為のシステムである。

体はリラックスしていながら自信に満ち、集中力がみなぎっている状態。

これが理想的な心理状態である。

以上、難しい表現ですが実力が五分の時、競り合っている時に集中力があるチームが必ず勝利をおさめます。従って、プレイを指導するだけではなく、精神面も指導してまいります。
但し、あくまでもミニバスのレベルなので、①気持ちの切替②遊ぶ時と集中する時③コートの中では強い気持ちでと言う様なイメージで取組んでまいります。

Ⅲ.食事・健康面に関して

現在の子供は(現在の社会情勢・治安の影響もありますが)、昔に比べると外で遊んだりするケースが少なくなってきています。学校で行っているスポーツテストなどにおいても筋力性・柔軟性・体格などの低下が問題になっています。フォルティの選手の中でも一番気になったのが体の柔軟性に欠けている事です。これは怪我の原因にもなりますので、毎日(テレビを見ながらでも構いません)必ず体が温まっている時に柔軟をやらせて下さい。

【食べる事の必要性】

まずは体質をチェックしてみる

強くなりたい、ライバルに勝ちたい。誰でも思っている事です。ところが、これらの事を支えているのが“食べる事”であると認識している選手は少ないと考えられます。
■怪我が多い         ⇒ねんざ・肉離れ・足がつる
■筋肉、筋力がつかない   ⇒ウェイトトレーニングの効果がでない
■疲れが取れない       ⇒疲れが翌日まで残る、練習で手を抜いてしまう
■バテやすい          ⇒貧血・エネルギー不足
■試合でベストがだせない  ⇒体調不十分、緊張のし過ぎ
■集中できない         ⇒練習中、授業中、ボーっとする
スポーツと体と栄養の関係は特に密接な関係があります。子供の場合10~12歳で成長期を迎えます。それ以前に食生活に変化があるとその後に大きな影響が出てきます。身長、体重は遺伝もありますが、成長期前後の食生活はとても重要です。後悔するのは学生・大人になってからです。今のうちに基盤を作っていきましょう。しかし、これだけは、コーチの方は管理できませんので、ご家庭でのご協力をお願い致します。選手にはもったいないから全部食べる事の教えも大切ですが《食べる事の重要性》を教えて上げて下さい。
飲み物は体に早く吸収させる為に、スポーツドリンクをお勧めします。ただし、子供には糖分が多いので2倍以上に薄めて下さい。また少し冷えていた方が良いです。(冬場は吸収しやすい様に常温でお願いします)

私共はバスケットだけでなくメンタルな部分や体調管理にも注意して行きます。また時には厳しさも出ますが、今後の選手の為にも十分なご理解をお願いしたいと思います。
尚、不明な点があり説明が欲しいと感じましたら、遠慮なく高橋までご相談下さい。
最後になりますが、ぜひ選手が頑張っている姿を見に足を運んで頂きたく思います。時間的にも大変だとは思いますが、お父様方のご協力も宜しくお願い致します。


                                       フォルティ 監督
                                          高橋 浩二

| フォルティ指導方針 | 12:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT